まつざきの技術メモ

エンジニアの私的な技術メモです。

JenkinsバージョンアップしたらWindowsでスレーブが起動しなくなった

コメントする

Jenkinsを1.480.2にバージョンアップしたら、Windowsでスレーブが起動しなくなったので
対応した内容をメモ。
(Linuxのスレーブはバージョンアップしても問題なく起動しました。もうWindowsいやだ・・・。)

  • Jenkins管理画面で、スレーブの起動方法をJNLPに変更
    (バージョンアップ前はWindowsサービスでJenkinsスレーブを起動してました)
  • スレーブを自動ログインにする
  • スレーブにバッチファイルを作成して、スタートアップでスレーブを起動

 

バッチファイルの内容

set JENKINS_HOME=Z:\jenkins_home
set JENKINS_LIB=Z:\jenkins_lib

java -jar %JENKINS_HOME%\slave.jar -jnlpUrl Jenkinsスレーブを起動するためのURL(slave-agent.jnlp) -jnlpCredentials ユーザ名:パスワード -classpath %JENKINS_LIB%\commons-codec-1.7.jar

commons-codec-1.7.jarは事前にダウンロードして、任意のディレクトリに配置しておいてください。
配置場所はどこでもOKです。

 

Windowsで自動ログインにするのが嫌は場合は、バッチに以下の1行を追記すればロックがかかるのでOKかと思います。

rundll32.exe user32.dll,LockWorkStation
広告

作成者: まつざき

中堅企業向けERPサービスを提供してる会社で働くソフトウェアエンジニア Perl/Ruby/Java8/Erlang/Fluentd/PostgreSQL/MySQL/Riak/Debian

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中