まつざきの技術メモ

エンジニアの私的な技術メモです。

sl6.1にネットワークカードを追加

コメントする

LUA3-U2-AGTをSL6.1(Scientific Linux 6.1)で使えるようにしたのでその時の手順をメモ。

ドライバはメーカーのサイトから最新版を取ってきて使いました。

ドライバの追加手順は以前のエントリを参照。
ubuntuでLUA3-U2-AGTを使う

/etc/sysconfig/network-scriptsにあるifcfg-eth0をコピーして、ファイル名をifcfg-eth1とします。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts
# cp -ip ifcfg-eth0 ifcfg-eth1

 

そして、ifcfg-eth1の以下の内容を書き換えます。

DEVICE
HWADDR
IPADDR
PREFIX
NAME
UUID

UUIDはuuidgenコマンドで生成します。
今回追加するネットワークカードはPacemakerのインターコネクト用なので、
ifcfg-eth1にGATEWAYとDNSは不要です。

 

MACアドレスは以下のファイルを見たらわかります。
/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

# PCI device 0x14e4:0x16b4 (tg3)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="c8:2a:xx:xx:xx:xx", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

# USB device 0x0411:0x006e (usb)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:24:xx:xx:xx:xx", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth1"

# USB device 0x0411:0x006e (usb)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="00:24:xx:xx:xx:xx", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth2"

 

出来上がりはこんな感じになります。

DEVICE="eth1"
BOOTPROTO=none
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT=yes
HWADDR=00:24:xx:xx:xx:xx
TYPE=Ethernet
IPADDR=xxx.xxx.xxx.xxx
PREFIX=23
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth1"
UUID=d240e35f-3a39-432c-bfc1-xxxxxxxxxxxx

設定が終わったらreloadして完了です。ifconfigで確認しましょう。

# /etc/init.d/network reload
広告

作成者: まつざき

中堅企業向けERPサービスを提供してる会社で働くソフトウェアエンジニア Perl/Ruby/Java8/Erlang/Fluentd/PostgreSQL/MySQL/Riak/Debian

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中